初めての子育てで右も左もわからなかった私です。

 

抱っこしてもなきやまない、おっぱいをあげても泣いている。

 

でも夫や自分の母が抱くと泣き止む。

 

もう嫌になりました。

 

きっとこの子は自分のことが嫌いで嫌いでしょうがないんだと、勝手に自分を責めてばかりいました

 

それに子供は脂漏性湿疹がひどくて顔も頭も前進真っ赤。

 

泣くとよけに赤くなり、かきむしりました。

 

実の母には「食べるものが悪いから、おっぱいから変なものが出ているんじゃないの?」と言われたり、夫の両親からは「家が汚いから脂漏性湿疹になるんじゃない?石鹸は何を使っているの」などと言われました。

 

そして挙句の果てには「何か悪い霊がついているかもしれないから、お払いにいかない?」とまで言われました。

 

私はそんな周りの言葉にうんざりしていました。

 

住んでいるところが田舎だったため、小児科はたった一軒。

 

そこへ毎週のように脂漏性湿疹を見せに行っても一向に良くなる様子はなく、渡された塗り薬をぬってもよくなるどころかどんどんひどくなるのでした。

 

そんな時に薬剤師をしている兄嫁に相談しました。

 

すると病院で処方されている塗り薬は、脂漏性湿疹には合わないんではないかと言いました。

 

私はびっくりして電車にのって隣町の小児科へ連れて行きました。

 

すると先生に「なんでこんなん使ってきたの?ダメだよ。

 

脂漏性湿疹はほっといたら時期が来たら治るんだから、何もしないのが一番」と言われました。

子育て

私はがっかりして、しかも何も薬は処方してもらえず家に帰って脂漏性湿疹のことをよく調べました。

 

すると隣町の小児科の先生の言うことが正しいことを知り私は何も子供に薬を塗らないことに決めました

 

6か月が過ぎる頃には少し落ち着いてきて1歳にはほかのお子さんと同じとまではいきませんがだいぶ良くなりました。

 

そして2歳までにはつるつるのお肌になりました。

 

しかし周りの人からいろいろ言われて私もストレスがたまり、おっぱいもあまりでなくなっていました。

 

体重もあまり増えず今度は体重の事で周りから心配されました。

 

子供が心配なのはわかります

 

でも一番心配しているのは子供の母親と父親です。

 

その母親父親を余計に心配させるようなことはあまり言わないでほしいものです。